やる気を見せなきゃがっかりされる時。〜そこは嘘でもやる気みせなきゃ〜

先日の事。

できない同僚が一人いました。

お客さんからはクレームばかり。

でも、本人は人間的には悪い人じゃない。どちらかと言えばいい人だと思います。

 

そんなある日、彼を私が担当して研修することになりました。

「仕方ない。本人がやるっていうなら引き受けますよ。」

といって、本人から「お願いします。」と言われて始めました。

 

技術的な事は練習が必要です。

ある日、私が「もし良ければ、今日はもう上がって練習していこうか?」

と彼に告げました。

 

彼は「いや、もう少しここに残ります。」

と言いました。

 

上がってしまうと報酬が減ってしまう可能性があるため、彼はもう少し残りたい と言ったのでしょう。

 

。。。。。

 

でも、研修付き合ってくれる人が練習しない?って言ってるのに「しない」って選択あるのかねぇ?

 

本来「練習させてください!」と言われるのが筋なところを、折角練習してあげる とこっちがやる気になったのに、それが否定されるのは 私のやる気を削がれたとしか感じなかったのです。

 

正直、その彼は現場に出ては行けないレベルの技術力なので、「練習」は必須です。

きっと、彼はそこに自覚がないのでその発言になるのだと思いますが、正直、私はがっかりしてしまいました。

 

私は彼の利益を思って告げたのですが、彼は彼の利益の事しか考えていないようでした。だからがっかりなのです。

 

私は常々、他人は水辺に連れて行くことしかできないと考えています。

この下記の本から「そうだそうだ」と思ったので自分の考えに取り入れました。

嫌われる勇気 [ 岸見一郎 ] 第三夜他者の課題を切り捨てる より(Kindle版のためページ数不明)

ある国に「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない」ということわざがあります。

アドラー心理学におけるカウンセリング、また他者への援助全般もそういうスタンスだと考えてください。

本人の意向を無視して「変わること」を強要したところで、あとで強烈な反動がやってくるだけです。

「あとで強烈な反動がやってくるよりかはましか」

と再度この文章を読んで無理矢理納得してみました。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
クタクタのレターポットはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする