幸福になれる習慣2 親切を5回以上する/自分がした親切を数える。書き留める

親切を5回以上する

こちらの記事によると

幸福学 白熱教室 プロローグ レビュー

(A)人を助けようとする社会行動
調査では週に1日5回親切なことをしなさいという課題を与えたら、幸福度が上がったらしい。親切はなるべく多くするに限るとのこと。(1回では効果うすいらしい。)

自分がした親切を数える。書き留める

こちらの記事によると

幸福学 白熱教室 第4回 幸せを導く人間関係とは レビュー

ディーナー博士が提案する幸せになる方法。それは

「自分がした親切を数える。書き留める」

という物です。

ささいなことでいいので、日記や手帳に書きます。「高速道路で他の車に車線を譲った」「ドアを開けてあげた」そんなので良いのです。これにより、相手も自分も良い気持ちになります。

<さらに補足> 親切な行動が幸福感を高める理由

Q次の2つから生きたい人生を選びなさい [ タル・ベン・シャハー ]P.283,284

親切な行動は、4つの点で自分の幸福感を高めてくれます。

—(以下は意訳)—

  1. 親切をすると自分の生きてる場所に貢献することになり、自分の周りの環境がより良くなるから
  2. 親切にされた人をみると、嬉しくなり、自分の幸福度も上がる
  3. 親切な行為は成功につながる ←これはどうしてそうなのか、理屈という意味では意味不明
  4. 自分の親切が世界に貢献していると認識すると、人生に生きる価値を見出せるようになるから

…略…

惜しみなく与える人は最終的に成功します。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
クタクタのレターポットはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする