ちょっとした名言あり。亜人7巻 感想

亜人7巻 感想

亜人7巻

亜人7巻

亜人の7巻をレンタルしました。

本書もSFのマンガ作品で、アニメ化もされています。

ご多分に漏れず、私も読んでます。

今回は、人生観に関するこんな興味深い会話がありました。

亜人7巻

亜人7巻

マリオやるときさぁ

ピーチ姫を助けるぞ!ってテンションでやる?

ストーリーは必要だけど亀を踏みつぶすのが楽しいからやるんだろ?

亜人7巻

亜人7巻

ものすごく真実をあらわしている。

たしかに、ストーリーは必要なんだけど、おまけに過ぎない。

これは、エンターテイメントのほぼ全てに当てはまる気がする。

映画もストーリーが見たくてみるというよりは、スターウォーズなら、ドンパチのシーンが面白いから見ている。

私は特にストーリーが好きで見ることが多いんだけど、それでも見てることそのものがつまらない物は、どんなにストーリーが良くてもダメだ。

例えば、2001年宇宙の旅

は、後から考えるとものすごく濃厚なストーリーで、続編2010年宇宙の旅とリンクしており、魅力的だ。

だが、私はこの作品、2010年宇宙の旅をみたから良かったと思えたけど、単体では非常につまらなかった。

映像が退屈なのだ。

序盤なんか、意味がわからない猿がたくさんでてくるシーンを10分くらい永遠と見させられるし、退屈。

このように、ストーリーが良くてもだめ。

見てる時の今が楽しくないとそれはそれでダメだと言うことだ。

健康でもそうだろう。
青汁を飲みまくれば健康になる とはわかっていても青汁がまずいと飲めない。

青汁がうまくてかつ健康に良くないと行けない訳だ。

もちろん、全てのことがこんなパーフェクトなんてありえない。

なるべくこの2つのバランスを取っていくのが、大事なのかなと思った。

野球興味ない人に誘うなら
「イケメン選手がいるよ」で誘っておいて、
少し興味がでたところで、
「実は今首位争いの天王山なんで」と意味やストーリーを説明したり

「今1点差だから、実は外野手が前進してるでしょ?
こういう駆け引きをみるのも楽しいよ」
と、「亀を踏みつぶす」方の楽しさを強調するのもよいかもしれない。

とかなんとか、こんなことを考えてしまった本書でした。

漫画本レンタルしたい!

私の様にコミックレンタルしたい!
でも、近くにレンタル対応のTSUTAYAがない…。

そんなときは、インターネットでコミックレンタルができます。


1冊50円なので、TSUTAYAの当日レンタル64円より安い!


1〜8巻まとめてレンタルしても400円です!

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
クタクタのレターポットはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする