音楽教室の集客から考える営業法

今、音楽を習いたいと思っていて色々比較しているのだが、どのサイトにも決定的にかけている物があることに気づく。

一体あなたの所に通って何ができる様になるの??

どのホームページも

・講師の質
・月謝
・コース名(例 バイオリン初心者向け とか)
・やっている曜日とか日程

そういうのしか書いてない。
やっぱり
「 はじめてピアノ|ヤマハ大人の音楽レッスン 」
とか書いてあっても

で、それは何ができるようになるの?
どんな喜びが生まれるの?

って感じな訳さ。

なぜ、「弾き語りができるようになります」
とか
「エリーゼのためにを弾ける様にします」
とか
ないのか?

もちろん、絶対にできるようになるかはわからないけど、「それを目指しています」というのがないと、私は決め手に欠ける。

というか、それしか習う理由なんてないでしょう?
英会話学校に行く人に、

・うちの講師は◎◎認定です。
・24時間やってます
・値段は◎◎なんです

って行っても決め手に欠けるよ。

うちの英会話では、海外旅行で道を聞いたりできるレベルを目指します!

うちの英会話では、字幕なしで映画が理解できる様になるレベルを目指します!

うちの英会話は、英語に親しんでもらう楽しさを味わってもらうレベルを目指します!

やっぱ、こういうのが必要だと思うんだよね。
と改めて思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする