これは使える!ダイレクト出版社の広告から考える営業方法

ダイレクト出版のダイレクトメール

ダイレクト出版のダイレクトメール

今日来ました。

ダイレクト出版からの手紙。

次回も来たらアップして、何ヶ月に一遍来ているのかをチェックしてみたい。

無料動画公開の案内

一つはインターネットマーケティングの未来予測 という無料動画。

こういうのを無料でやってるのがすごい。

前回のは時間の関係で確か見れなかった。

冊子

もう一個の方が、冊子。

いっつも全然読んでない。

でもこれを機に折角だから読んでみようかな。

ダイレクトレスポンスマーケティングなのに読む機が起きないのはなぜか?

ジャンルは興味あるジャンルなのに、こういうのってなぜか目を通さない。

でも、本屋で売ってるのには3千円くらいだしても読みたいと思う。

なぜだろう?

なぜダイレクトメールは魅力を感じないのか?

おそらく、最大の違いは

◎自分で探しているのか否か

だと思う。

勝手に送られて来た奴だから、中身も良く知らないし、必要性を感じている時期ではない。

もし、これが「客が欲しくて欲しくてたまらんなー」

というタイミングなら、

おお!何かヒントになるかも!

と思って読むかも知れないけど、

自分で探してないから、そういうタイミングではないので、あまり読む機にはなれない。

やっぱり、「タイミング」って非常に大事なんだなと痛感しました。

以前、購入したダイレクト出版の書籍レビュー

集客、恋活、婚活、交渉…etc 活きて来る!「YES!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学] レビュー

芯の強い主張に衝撃!真のビジネスマンになるための本。インターネットビジネスマニフェスト レビュー

よくわからん 紹介の連鎖が永遠に続く ㊙人脈活用術 レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする