バトルで迫力!たまらん。進撃の巨人19巻 感想

進撃の巨人19巻 感想!

進撃の巨人19

進撃の巨人19

待ちにまった、最新刊!

毎回思うんですが、ビニールで包まれてるのを剥がすのが面倒!

もっと剥がしやすくできないんですかねぇ…

進撃の巨人19

進撃の巨人19

んで内容はと…。

いつも通り、めっさ面白い!

特に、今回はバトルで1巻丸々終わります。

ついに、闘うべき敵と戦うという、待ちに待っていたストーリー展開。

ちなみに、↓通常版と

全52枚!特製ポストカード付き限定版ってのがあるそうです。

↓見た目は一緒ですが、違うリンク先ですんで。

私は思うのですが、

やっぱり、ストーリーが進む回ってのは面白い!

いえ、今回は謎がいっぱい解ける訳ではないのです。

なぜなら、戦闘がメインだから。

でも、ちゃんと進んでる気がする。

ドラゴンボールで例えてみる

それは、言うなれば、

ドラゴンボールで悟空が元気玉を作ろうとして貯めていて、

フリーザに、痛めつけられているシーンを

ずっと見せられていても

「ストーリーが進まん!早く元気玉撃たんかい!」

とは違う。

ちゃんとバトルしつつも、話が進んで行く。

だから面白い。

最近の別のマンガで例えてみる

さらに言うなら、

最近、ジャンプのマンガで 鬼滅の刃 って新連載があって

鬼滅の刃 1 ジャンプコミックス / 吾峠呼世晴 【コミック】

なんかめちゃくちゃなんだけど先が気になるし面白い。

それは、どんどん進んで行くからだと思うのです。

簡単に言うと

鬼に襲撃されて家族が鬼になる

鬼殺しの剣士がやってきて、鬼になった妹を助けたいと伝える

その剣士は主人公に「鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)」を尋ねよ。助けになるだろう。と言う。

鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)に会うと、なぜか主人公が鬼殺しの剣士になることになっている

そんな感じの展開が、たった2話で進みます。

めちゃくちゃ唐突なのにやっぱり話が進むから面白い。

やっと話しがもどった。

迫力の19巻

こんな感じで、進撃の巨人19巻は、バトルという一見、話進まない巻のはずなのに、ちゃんと大事なストーリラインが進行しつつ

(そもそも敵を倒すというのも、ストーリーだからね。)

迫力の1巻となっております。

いや、なんで、こんな関係ないマンガの例ばかりをあげたかというと、

19巻の話から引用しちゃうと、(具体的にこうだ!って言っちゃうと)

ネタバレになってしまうので…。

楽天ポイントでマンガを買う!

はい、そして、今回は(も?)楽天ポイントを上手く利用しました。

進撃の巨人クラスのマンガになると、

サンクスに発売日に置いてあります。

だから、edyにチャージして、サンクスで電子マネー払い。

463円だから、2ポイントの楽天ポイントゲット(200円で1ポイントなので。)

そして、Rポイントカードを店頭で提示しているので楽天ポイント4ポイントゲット

(こちらは100円で1ポイント)

進撃の巨人19

進撃の巨人19

レシートには、edyのポイントゲットは記載されませんので悪しからず。

そんな感じで、購入には楽天でエンジョイしつつ、

発売日にすぐさま手に入れると言うクタクタでした。

あー次の発売が8月と非常に待ち遠しいです。早くも。

なぜ購入したか

  • 1巻を購入した理由(きっかけ)はこのマンガがすごい!で選ばれていたので見てみようと思った
  • 面白かったので、以降の巻も読みたくなった
  • 大概、途中で忘れて買わなくなるのだが、進撃の巨人は世間の反応もあり、それがリマインダーとなり、発売日に購入できる
  • レンタル等をせず、自分で買う理由は、それに値する面白さがあると思っているから
  • 仮に、コミックの値段が1冊千円なら買わない。600円でも買わないかな。今の値段が適正だと思う。

漫画本レンタルしたい!

私の様にコミックレンタルしたい!
でも、近くにレンタル対応のTSUTAYAがない…。

そんなときは、インターネットでコミックレンタルができます。


1冊50円なので、TSUTAYAの当日レンタル64円より安い!


1〜20巻、まとめてレンタルしても、たった「1000円」です!

関連記事

もうメリットしかない。日常生活に持ち込め!楽天カード