アメトークに学ぶセールスライティング 2 桃鉄芸人

アメトークから営業、強いてはセールスライティングについて考えてみる第2回。

桃鉄芸人流れ

今回は桃鉄芸人です。

桃太郎電鉄とは、TVゲームのソフトなのですが、今回はパフューム芸人とは流れが少し違いました。

パフューム芸人のときは

概要→詳細→体験

という大きな流れでした。

しかし、今回は

概要→詳細→体験
概要→詳細→体験
概要→詳細→体験

が細かくくり返されている形でした。

少し説明しては、それをやってる所を見せる。
そして、興味を持ってもらった所で関連情報を教える。

だから、ゲームの内容の全体像は最後迄見て初めてわかる感じでした。

とりわけ、「うんちカード」などのわかりやすく面白い情報で「なんだそれ?」と注意を引く感じでしたね。

なにせ、オープニングで紹介しているのは

・1988年発売
・シリーズ20作以上
・ボードゲーム
・友達や家族で遊べる
・人気ソフト

といった情報のみ。

パフュームの場合は、「ダンスが魅力の」と言えば、そのダンス映像を見てもらえばわかると思うのですが、桃鉄の場合は、面白さが「細かい」部分にあるので、そちらに重きを置いた作りという点が違うのかもしれません。

教訓

マイナーな物は1個1個説明。

しかし、説明だけにならないように、すぐに画像や体験映像などで補足。ちょっとずつ理解してもらうことが「わかる」情報を仕入れることにより、楽しく感じてるのだと思われる。

学校の先生の話がつまらないのは、情報の羅列だけで「わかる」情報が入ってこない事にあるのではないか?

またカードの説明などでそのカードを使った戦略例を提示しているのが良かった。ある意味本来「自分で考えろ!」なことなんだけど、そのカードの存在意義がはっきりすると、それ使ってみたい!という意欲が湧くのであろうと思った。

やはり、意味を説明するというのはでかい。

参考

今はこの辺が最新作のようです。
意外に新しいのは出てないようですね

Wii
桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻

PSP
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻! ハドソン・ザ・ベスト

Nintendo DS
桃太郎電鉄WORLDベストセレクション

桃太郎電鉄20周年 ハドソン・ザ・ベスト

PS2
PS2 桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!

iOSアプリ
桃太郎電鉄JAPAN+ – KONAMI

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする