感じ良く受け止めてもらえるテクニック<意図を伝えろ>

先日、仕事で無理難題を押し付けられました。

 

「◎へ10:00に到着し、仕事を行ってください。」

という「メールだけが」きました。

 

今、9:55。

 

どう考えても5分で◎へ行くのは無理でした。

本来はメール返信し、了解した旨を伝えるのが筋なのですがあえて放っておきました。

 

3分後、電話が担当者からかかり

「◎へ向かってください。」

というので

「◎には5分では行けません。絶対無理です。大丈夫ですか?」

と伝えると

「ううん、、、大丈夫だと思います。よろしくお願いします。」

との返事。

 

全然大丈夫じゃないでしょ。

 

もし、

お客様には遅れる旨つたえてありますので、大丈夫だと思います。よろしくお願いします。」

 

なら、大丈夫だと思うけど、「ただ」大丈夫だというだけでは何の説得力も感じません。

 

終わった後で、別件で電話すると担当者は

「焦ってたので時間が少なくなってしまって…」

と言ってました。

 

それなら、電話した際に

焦ってたので、5分しか取れずにすみません。」

とか言われれば、仕方ないかと思えるのにと感じました。

 

どうしてそういう事情になっているのか

を言わないというのは損でしかないと思います。

 

仕事でミスったときも

「お客様が遅れてクレーム来てます。助けてください」

→知るか!自分でなんとかしろよ!

 

よりは

「私が誤って遅れて注文とってしまい、お客様からクレームが来ています。助けてください。」

→失敗したのね。じゃあ助けてあげようか。

 

と思うような気がするのですが。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする