失敗した時のベストな捉え方

時折、マンガからもいいなと思う考え方があります。

 

ジャンプ2015/14 ワールドトリガー 第94話「空閑遊真11」より

f:id:best_wishes:20150306233657p:plain

派手にまけたらしいな

修が心配してたぞ

おまえがへこんでるんじゃないかって

f:id:best_wishes:20150306233704p:plain

遊真「オサムが?あいかわらず面倒見の鬼だな」

f:id:best_wishes:20150306233711p:plain

遊真「おれはべつにへこんでないよ

みんなも同じ様に鍛えてるのはわかってる

全部が全部勝てるとはかぎらない

でもだから強い人と勝負するのはおもしろい」

これは設定として、それまで最強くらいの扱いを受けていた遊真が、闘いに負けてしまった後の話です。

 

本当に強い人というのはこうであるのかなと思わせる場面でした。

 

この考え方はポジティブ心理学では

「最善主義」にあたると思います。

 

最善主義が道を拓く [ タル・ベン・シャハー ]P.152

もう少し自分に寛容になり、失敗も成功も充実した人生の一部と考え、恐怖も嫉妬も怒りも、ときには自分を受け入れないということも、まさに人間的なことなのだと認めようではありませんか。

 

さらに遊真はこう思えてるんだと思います。

これは大事な事だと思います。

 

マンガで学ぶ心屋仁之助の「非常識」でコミュニケーションはラクになる P.132

f:id:best_wishes:20150306235459j:plain

 

失敗した時もこのように考えられると良いですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする