誉められて謙遜したら、むしろ嫌われてしまう

先日、ある人に対して、純粋に好印象を持った。

なので、

「◎◎なんて本当にすごいですね〜」

と告げた所、

 

「いや、そんなことない。こんなの当たり前だし、自分なんてまだまだ下です。」

と謙遜された。

 

この時は何に対して誉めたのか、少し昔のことなので忘れてしまったが、別の例もあった。

 

着替えの部屋で相手の上半身を見て

「すごいマッチョですね〜(良い意味で)」

と別の人に言った時も

いや、そんなことない。こんなの当たり前だし、自分なんてまだまだ下です。」

的な返しをされた。

 

奢らない、自慢しない という意味では謙遜は非常に良いのだが、

言った側からすると、否定されてるだけだ。

「あなたはすごいですね」→「何言ってるの?そんなことないよ」

という流れである。

 

これは、こちらの本でも同じ事が書いてあった。

マンガで学ぶ心屋仁之助の「非常識」でコミュニケーションはラクになる P.58

f:id:best_wishes:20150324134319j:plain

f:id:best_wishes:20150324134332j:plain

 

誉められた時は素直にありがとうとか、「そうでしょ!?」くらいまで言った方がむしろいいと感じた。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
クタクタのレターポットはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする